550Dの静音化④ … フロントファンを交換その2

パソコン関係が落ち着いたら今度はカメラの方に気持ちが移ってしまい、週末は写真を撮りに出かけたりしていて、更新しなきゃーと思いつつ前回記事からすでに1ヶ月経ってしまいました…。

さて、前回の記事ではフロントファンを NoiseBlocker NB-eLoop B12-2 に交換したと書きましたが、タイトルを "その1" としていたように今回はその続きになります。
NB-eLoop はお値段高めなのもあってとても期待してたんですが…、回転数を調整できる範囲が狭く、風量もさほど多くなく、うちの環境ではウワンウワン…という共鳴音らしき音が気になって、残念ながら個人的に期待はずれでした。
そこで、もう1つの候補だった SWiF2 に交換してみました。

SWiF2-1200の箱

Coolink SWiF2-1200
流体軸受の120mmファンです。800 RPM、最大風量 35.55 CFM、8.5 dBA。
風量もそこそこで、静音ファンとしては定番っぽい感じでしょうか。

SWiF2-1200

黄色に近い黄緑色のブレードが素敵です。好みの色♪
消費電力は少し高め。

Fan Xpert 2 の自動調整では 354~763±48 rpm と認識されました。
フロント&サイドパネルを閉じると最大で750rpmまでしか回らず、風量も回転数なりに少なめです。
750rpmで回してもとても静かです。若干軸音が聞こえますが、高めの小さな音なのでHDDの音にまぎれてあまり気になりません。
700rpmに設定してみたところ、HDDの温度は室温+6℃位。十分でしょうか。
ちなみにフロントファンを止めると室温+10℃位でした。

SWiF2-1200

CPUクーラーのファンも黄色なのでなんとなくいい感じに?
フロントとサイドパネルを閉じてしまうと見えませんが(^_^;)

というわけで、フロント吸気がSWiF2-1200(700rpm)×2基で、リア排気がAF140(500rpm)+電源ファンという構成になりました。
ちゃんと測ってみたりしてませんが、一応、正圧になってるんじゃないかと。
たぶん…(^_^;)

…静音化⑤につづく

SWiF2は評判どおり良いファンだと思うんですが、売ってるところが限られていて入手性があまりよくないのが残念ですね。


COMMENT

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)