docomoからauに乗り換え(HTC J butterfly)

4ヶ月ほど前、5月末の話です。
今更感たっぷりですが、備忘録ブログなので一応記事に書いておこうかと(^_^;)
docomo は夏モデルでツートップ戦略なるものを展開しました。直接関係はしないものの、これがどうにも気に入らないので、docomo を使い続けるのが嫌になって、au に乗り換えました。
まぁ、au も iPhone で似たような戦略と言えばそうなんですが…。

買ったのはこちら→ HTC J butterfly HTL21
2012年末に発売された機種です。発売時点ではかなりのハイスペック機です。Android 4.1搭載、5インチフルHD液晶、1.5GHzクアッドコア、防水など。

HTC J Butterfly

5インチは少し大きいかなぁと思ったんですが、黒地にサイドの赤ラインというデザインに一目惚れして butterfly に決めました。
背面が微妙にカーブしていて大きい割には持ち易くて重さも気にならないのがイイです。

今更レビューを書いても仕方がないので感想を少しだけ(^_^;)

  • クレードルが付属していません
    別途限定発売もされたようですが、私が butterfly を買ったときにはすでに売り切れ。かなり残念…。USBコネクタの蓋が壊れそうで不安です。
  • サクサク快適
    docomo(SH-10D)よりも通信のレスポンスが良いです。LTEの制御の違いか、800MHz帯だからか、それとも端末の違いなのか分かりませんが、サクサク快適です。速度は測ってないので不明。
  • 電池のもちがいい
    画面が大きくフルHDになった割には、SH-10Dよりも電池のもちが良い。バックグラウンドで動作する docomo と au のサービスの差?
    カタログスペック上は電池のもちが悪そうな感じだったので嬉しい誤算です。
  • 絵文字が□になる
    絵文字フォントが含まれていないのでauのメールアプリ以外では絵文字が使えない(□表示になってしまう)のが不満。フォントをインストールするだけじゃないんでしょうか…。アップデートで対応して欲しいところですが、発売して1年近く経つのでもう無理ですかね。
  • auのメールアプリが便利
    SPモードのメールアプリに比べて(^_^;)
    着信ランプが小さくて角度によっては見づらい。ただ、au のメールアプリではバックライトを点灯させて、ロック画面に情報出すような機能があるので便利です。

HTCの端末は初めてですが気に入りました。6月発売の HTC J One を待っても良かったかな?と思ったり。次の機種も楽しみです。

元々は au の携帯を使ってたんで、数年ぶりに au に戻ってきた形です。以前に比べて不満な点もあったりしますが、とりあえずは乗り換えて良かったかなと思います。
しかしここ数年はキャリアの選択が消去法になってる気がします。
次も au を使いたい気持ちはありますが、2年後各種割引がなくなるとMNPするのがお得なんですよね。悩ましいところです。

もうすぐ iPhone 5S/5c が発売されますが、料金プランはほぼ変わらずでしたね。docomo参入でパケ代が安くなればなぁ、と少し期待したんですが残念。これから数ヶ月のMNP転入出数や純増シェアがどうなるかで状況は変わるかもしれないので、楽しみではありますが(^_^;)
ただ、NECやパナソニックのスマホ撤退もあり、Apple以外のメーカーの動向も気になるところです。


COMMENT

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)