PLEXTOR PX-128M5Pro に換装

5月頭にSSDを換装しました。まだまだ余裕はあったけどやっぱり64GBだと心許ない気がしてて増量することに。これまでシステムドライブで100GB超えて使うことはなかったんで、256GBまでは不要かと思い128GBにしました。

PLEXTOR PX-128M5Pro
Marvell製コントローラ88SS9187と東芝製NANDを採用したSSDです。

PX-128M5Proの箱

Xtremeが付いている後期型。東芝製NANDチップの変更で劣化したと騒動になっているものです。
M5Proは東芝製の19nm toggle MLC NANDを採用してますが、8KBページサイズのBGAパッケージから16KBページサイズのTSOPパッケージに変わっているとのこと。それにより耐久性と速度が低下しているらしい。
とは言え、耐久性に関しては壊れる前には交換しそうな気もするし、速度低下も体感できないような気がしたので、冒険して買ってみることにしました。
ほんとは最近人気の東芝HG5dを採用したCSSD-S6T128NHG5Qを買おうと思ったんですが、在庫がありませんでした(^_^;)

PX-128M5Pro

シンプルな外観。
SATAケーブルのラッチのひっかかりが若干弱いのが気になります。
付属の3.5インチマウンタが小さくて、P183の下段HDDベイには取り付け不可能でした。

とりあえず簡単にベンチマーク。
CFD CSSD-S6M64NM4Q (C400)と比較してみました。

CFD CSSD-S6M64NM4Q FW:0009のベンチマーク結果 PX-128M5Proのベンチマーク結果 with iRST
左:CSSD-S6M64NM4Q / 右:PX-128M5Pro

うん。満足、満足♪
読み込み速度に大きな差はありませんが、書き込みはかなり速くなってます。
ちなみに iRST (Intel Rapid Storage Technology) をインストールしました。Win7標準ドライバからiRSTに変更すると4k-QD32ランダムが少し速くなります。
Read 268.6MB/s → 373.3MB/s、Write 227.5MB/s → 286.2MB/s

OSを再インストールしたのでM5Proのおかげかは分かりませんが、Windowsの起動が少し速くなりました。"ようこそ"が表示されてからデスクトップが表示されるまでの時間が短くなりました。
その他の体感速度はまったく変わりませんが(汗)


COMMENT

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)