サウンドカードとヘッドフォン

普段はスピーカー経由で音楽を聴いてるんですが、周りの音を気にせず集中するときとか、夜間でも大音量で聴きたいときなどはヘッドフォンの方が都合が良い。
というわけで、ヘッドフォンでも気持よく音楽が聴ける環境にしたいなーと思い、サウンドカードとヘッドフォンの物色を始めました。
うーん、物欲って尽きないものですね…(・_・;)

とりあえず現状の不満点

サウンドカードは ONKYO SE-90PCI を使ってます。
音質にはとても満足してます。が、ヘッドフォン端子がありません。スピーカーのヘッドフォン端子を経由する必要がありますが、サウンドカードに端子があればスピーカーの電源を入れる必要がないのに、と思うとちょっとめんどくさい感じです。
あと、最初からなのかいつからなのかはっきり覚えてませんが、QSoundを有効にできなくて遊べないのがちょっと寂しい。

ヘッドフォンは PIONEER SE-M380DV を使ってます。
結構前に買った安いヘッドフォンです。レビューなどを見て吟味してなかった頃に、箱に書いてあるスペックだけで選んだものです(^_^;)
売りにもなってる低音はいい感じで鳴ってくれるんですが、なんか全体的に篭った感じで聴いてて心地よくありません。
長時間着けてると耳が痛くなってくるのも残念なところです。

サウンドカードの候補

ヘッドフォンアンプを買う、という手もあるんですが、結構いい値段するみたいで、だったらヘッドフォン端子があるサウンドカード買った方が手っ取り早くないか?と思い、サウンドカード探し。
ネットでレビューなどを見てると一長一短で決められずぐるぐる回ってます。

  • 値段的には1万円前後で収めたい。
  • ヘッドフォンアンプがあればベスト。少なくとも端子は必須。
  • 今後のことも考えると PCI ではなく PCI Express が良いが、ビデオカードに近くなるので熱的に不安。
  • オンボードよりノイズが少なくて、好みの音ならOK。
  • イコライザや仮想サラウンドとかで遊べると楽しい。

ポイントは↑こんな感じで、今のところ以下が候補。

ASUS Xonar Essence STX

第一候補。ASUSオリジナルのAV100というプロセッサーを搭載し、S/N比124dBの高音質を特徴とするカード。
ヘッドフォンアンプも搭載しており、ヘッドフォン側の音質はなかなかのもののようです。それに比べるとライン側はそこそこみたいですが、SE-90PCIよりは良いんじゃないかと勝手に期待してたりします。
ヘッドフォン出力とライン出力をソフト上で切り替え可能なので、ヘッドフォンを挿しっぱなしにできるらしい。まさに求めてる機能です。
少し高いのと、起動時などにリレー音がカチカチなるというのが気になります。

CREATIVE Sound Blaster X-Fi Titanium HD

S/N比が122dBで高音質を売りにしているモデルです。
CREATIVE製はエフェクトなどが豊富なのでいろいろ遊べそうです。
ASUSよりもさらに高くなりますがこちらも気になる。けど予算オーバーかな…。

CREATIVE Sound Blaster Digital Music Premium HD

S/N比114dBで高音質、フォノイコライザー搭載というのが売りの、USB接続の外付DAC。
なかなか評価が高くて、価格も安いので気になる存在。
イコライザが使えないのと、ヘッドフォンを挿すとライン側がミュートされて接続したままにできないのが個人的に残念なところ。切り替えスイッチがあればベストだったんですが。

AUDIOTRAK PRODIGY 7.1e X-Fi Audio

Creative製のオーディオプロセッサーを搭載したカード。
ラインとは独立したヘッドフォンアンプを内蔵しており、音質もなかなか良さそうな雰囲気。それでいて価格が安いというのがとっても魅力的。
ただ…、白い基板というのがなんとなく好きになれません…(^_^;)

メジャーどころの ONKYO と CREATIVE の新製品が出てきてるので過渡期な気がします。どちらもヘッドフォンアンプ内蔵が特徴の1つになってるので、もう少し待てば選択子が増えると思うんですけどね。

ヘッドフォンの候補

こちらはサウンドカードよりもさらに種類が豊富ですが、店頭で視聴もできるので選び易いかも。
というか、視聴してみて分かったんですが、私のしょぼい耳でも違いが分かるくらい物によってぜんぜん音が違うものですね。
どちらかというと、ドンシャリ気味な音が好みです。

audio-technica ATH-A500X

値段的にこのくらいが理想(^_^;)
今のヘッドフォンよりもクリアな音ですが、少し篭ってる感じがしなくもないです。ATH-A700Xよりは落ち着いた感じで聴き易いかも。

audio-technica ATH-A700X

製品情報ページには「美しい中高域や伸びやかな低域再生を実現」と書かれてますが、ATH-A500Xと比べるとほんとにそんな印象を受けました。広がりがあってメリハリが効いてる感じ。ただ、ちょっとキンキン、シャリシャリ感が強いです。

audio-technica ATH-AD500

オープンエアー型。装着した感じがほんと軽くて圧迫感もなくてベストでした。
音的にも好みで、ATH-A700Xほどはキンキンせず聴き易いし、ATH-A500Xのような篭った感じも受けませんでした。
けど、オープンエアー故に外部の音が遮断されず、音楽に集中できそうにないので今回は見送りでしょうか…。

悩む…

悩み始めると仕事の効率が落ちちゃうんですが、もう少し悩みます。
ヘッドフォンの方はもっかい視聴して決められそうですが、サウンドカードが難しい…。Xonar のカチカチ音が耐えられるかどうかと、あとは価格ですかね…。
う~ん。

なんか、今年はPCパーツで悩みまくった1年だった気がする(^_^;)


COMMENTS & TRACKBACKS 2

  1. Jimmy-Bee より:
    2012年1月3日 7:58 PM

    こんばんは。わたくしは90PCIのRCA端子に変換コードを付けて、ヘッドフォンで聴いておりますよ。
    ブログに書き込みましたのでご参考に。
    http://jz-webchannel.at.webry.info/201112/article_2.html

    • veefour より:
      2012年1月8日 2:28 AM

      ★Jimmy-Beeさんへ
      コメントありがとうございます。
      ブログを拝見しました。ライン出力だとパワーが足りないかと思って、試してませんでした…。
      というわけで、実は年末休み中にサウンドカードを買ってしまいました(^_^;)
      情報ありがとうございました。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)