CPUクーラー交換(桜扇 ISGC-100)

Core i5 2400 に付属していたCPUクーラーが予想外にうるさく、個人的にかなり気になる耳障りな音を出していたので、思い切ってCPUクーラーを交換しました。
リテール以外のCPUクーラーを使うのは初めてです。

Core i5 2400のリテールクーラー

↑リテールクーラー。
IntelのCPUはこれまでいくつも使ってきましたが、リテールクーラー以外は使ったことがありませんでした。負荷時はともかくアイドル時にうるさいと感じたことがなかったので。
が、i5-2400 のリテールクーラーの場合、アイドル時でも「ブーン」と耳障りな感じの音がしました。個体差かもしれませんが。

アイドル時は Core 2 Duo E8400 よりも低消費電力だろうと思ってたんですが、そうでもないんでしょうか。クーラーの形やサイズはさほど変りないんですが、アイドル時の回転数が違ってました。E8400 の場合は 800rpm 強くらいで音も気にならなかったんですが、i5-2400 の場合は 1200rpm 前後でした。
負荷時は 2000rpm まで上がってかなりうるさいです…。

というわけで CPUクーラーを交換する決意をしたものの、どれを買って良いやら全く分からない状態ですし、グリスを塗るのもなんか怖かったんですが、結果、なんとかうまく換装できました(^_^)

買ったのはこちら → Thermaltake 桜扇 ISGC-100
92mmファンを搭載したトップフロー型のCPUクーラーです。

ISGC-100の箱

CPU周りにも風を送れた方が良いかと思い、とりあえず120mmファン搭載のトップフローのものを探しましたが、120mmの場合サイドフローの物が多くて、気に入ったのがなかなか見付からず。
リテール並に冷えてくれて 静かならOk
ってことで、小さくて組み立て易そうだったので、コレにしました(^_^;)

ISGC-100の裏面

リテール以外のクーラーが初めてなので、比較対象はリテールクーラーしかないわけですが、作りは結構しっかりしてます。値段は高くもなく安くもなく。
CPUとの接触面は銅製で、ヒートパイプを伝ってアルミフィンへ。
オーソドックスな形状ですが、冷えそうな面構えです♪

ここまでワクワク
ここからドキドキ…

リテールクーラーをはずして、CPUを綺麗にして、シリコングリスを塗る。
シリコングリスを塗るのも初めてなので、ドッキドキでした。

シリコングリス

どの位の量をどんな風に塗れば良いのかいまいちよく分かってませんが、とりあえず写真のような感じで塗ってみました。
思ってたよりもずっと粘度があってかなり塗りにくかった…。
これで良いのかどうか未だに不安ですが、今のところ問題なく動いてます(^_^;)

ISGC-100換装完了

マザーボードへの取り付けは裏面からワッシャをかましてネジ止め。P183 はCPU裏に穴が開いてるのでマザーを取り外さなくてもCPUクーラーを取り付け可能でした。
メモリなどの周辺パーツとはギリギリ干渉せず。
ISGC-100 は大丈夫でしたが、このマザーはCPUクーラーを選びそうな感じです。

で、結果は↓こちら。室温は 25.5℃。

ISGC-100換装後の温度

負荷時の温度はウイルスバスターの詳細チェック時のものです。
アイドル時の温度はリテールクーラーとほぼ同じですが、ファン回転数が圧倒的に低く、600rpm ではかなり静かです。1200rpm位までは全く気にならず、負荷時は 1800rpm まで上がってそれなりに音を出しますが不快な感じではないです。

ただ、マザーとの組み合わせの問題だと思いますが、負荷をかけてる時はほぼ常にMAX回転で動作してます。45℃を超えたら回転が上がるように設定してますが、中間域で動くことが少ないです。唯一残念なところ。もう少し細かく設定できれば嬉しいんですが。

ちなみに、ファンの定格は 600~1600rpm なのに、最大 1800rpm まで上がります。±10%の範囲を超えています。
得したのかな?(^_^;)
いやいや、1600rpm なら温度は少し上がるけどもう少し静かだった気がする…。

ISGC-100 Intel LGA775対応CPUクーラー CLP0537-AISGC-100 Intel LGA775対応CPUクーラー CLP0537-A

Thermaltake
売り上げランキング : 27580

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

追記:2014.03.30

CPUとマザーボードを交換したのに併せて CPUクーラーも新調しました。
CPUクーラーも新しくしました(Hyper 212 EVO)


COMMENT

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)