Firefox 4 を Ubuntu 64bit版にインストールする

RC版のときからずっと待っていた Html Validator がようやく Linux 64bit版にも対応したので、Ubuntu側にも Firefox 4 をインストールしました!
忘れないうちにメモφ(..)

2種類の方法あり。(他にもあるかもしれませんけど)
PPAリポジトリを追加してパッケージ管理ツールからインストールする方法と、Mozillaサイトからアーカイブをダウンロードして使用する方法。
ちなみに、Mozillaのサイトから32bit版をダウンロードして使用することもできますが、その場合 Flash Player プラグインなども32bit版が必要になります。ただし、Mozc + ibus では日本語入力できなかったので、64bit版のLinux上では64bit版のFirefoxをインストールする方が楽かもしれません。

PPAからインストール

こちらの記事が詳しいです。
画像付きでインストール方法が解説されています。
http://ubuntuapps.blog67.fc2.com/blog-entry-244.html

上記サイトでは Ubuntu 10.04 LTS へのインストールとして紹介されていますが、10.10 でも大丈夫でした。

PPAリポジトリを追加して、Ubuntuのアップデート・マネージャでアップデート。

sudo add-apt-repository ppa:mozillateam/firefox-stable
sudo apt-get update

Mozillaサイトからダウンロード

Mozillaのサイトへ行くとダウンロードボタンがありますが、ダウンロードできるのは32bit版のため、64bit版は別のところから探す必要があります。
毎度場所を思い出すのに苦労するのでメモ。
※そのうち場所が変わるかもしれませんが…。

サイトの上部バー「コミュニティ」→「Mozilla 製品のローカライズ (日本語化) について」→右サイドの「Download」→「Firefox - FTP」

Firefox 4.0 の Linux 64bit版は以下にあります。
http://releases.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/releases/4.0/linux-x86_64/ja/
※リンク先がなくなりました。

リリース直後にPPAからインストールしてみたんですが、Firefox 3.6 のプロファイルのまま起動したところ、アドオン関係でエラーが発生して起動できない状態になりました。プロファイルをいったんクリアすると無事立ち上がりましたが、0から設定するのも面倒なので、Mozillaからダウンロードしたものに乗り換え。Mozillaからダウンロードしたローカライズ版では 3.6 のプロファイルのままでも問題ありませんでした。
で、現状ではPPAからインストールしたものでも問題なく起動できています。また、日本語パックもアップデート・マネージャ経由でアップデートされました。


COMMENT

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)