電源を交換(CORSAIR CMPSU-650HXJP)

電源選びの旅がようやく終わりました(^_^;)
結局のところ最初に選んだ↓こちらの電源に落ち着きました。

CORSAIR CMPSU-650HXJP
CORSAIRの製品情報ページ Linksの製品情報ページ

Antec TP-550AP の次をどうするか、ってことで先日の候補の中から CMPSU-650HXJPENERMAX PRO87+ EPG500AWT の2択に絞りました。値段的にはどちらもほとんど変わらず、CMPSU-650HXJP は日本メーカー製105℃コンデンサで安心感があるし、EPG500AWT は高効率 80PLUS GOLD で消費電力も低そうなので、かなり悩みました。
80PLUS GOLD はかなり魅力的だったんですが、今回は耐久性があって長く使えそうなのが欲しかったので、CMPSU-650HXJP を選びました。

  • 650W / 80 PLUS BRONZE 認証
  • 日本メーカー製105℃ハイグレードコンデンサ採用
  • 着脱式モジュラーケーブル採用
  • 120mm DBBファン搭載(ADDA製?)
  • 7年間保証
  • +12Vは1系統 52A
  • 1.9kg / 86mm (H) x 150mm (W) x 150mm (D)

650TX は地元でも発見できたんですが、650HX の方は在庫がなく、いつも行くパーツショップで取り寄せてもらいました。3営業日位で到着、発注したときよりも少し値段が下がっていてちょっと得した気分です♪

CMPSU-650HXJPの箱

高級感のある箱。TP-550AP のコスト削減的な箱とは対照的な感じ(^_^;)
7年保証が付いてます。包装のフィルムに保証シールが付いてるんですが、フィルムを開けるときに一緒にやぶけてしまうので注意が必要です。

CMPSU-650HXJPの説明書

各国語で書かれている説明書。日本語もあり。
保証などについて記載されています。

CMPSU-650HXJPの箱の中身

箱の中身はこんな感じ。
大きめの箱にすっきりと整理されて収納されていました。緩衝材も立派なものが使われていて、電源本体の品質や性能とはあまり関係がないところですが、買って良かった!って気持ちにさせてくれます♪

CMPSU-650HXJPのケーブル入れ

CMPSU-650HXJP はモジュラーケーブルを採用しています。
写真の袋はモジュラーケーブルを収納するためのケース。
頻繁に出し入れすることもないので、何か別の用途に使えないですかね…。

CMPSU-650HXJP

本体。派手さもなくシンプルです。
背面にも電源ケーブルのソケット部分に「HX650W」のラベルがあります。
直出ケーブルはメイン24ピン電源と4+4ピン12V電源の2本です。

ファンはとても静かです。
耳がくっつくくらい近づくと軸音が聞こえました。が、少し離れると聞こえませんし、ケースの中に入れてしまえば全く問題ないと思います。
電源背面に手をかざすとかろうじて風を感じますが、風量は少いです。ハイエンドな構成ではないし、負荷をかけるようなこともしてませんし、室温もさほど高くはないので何とも言えませんが、ほんのり暖かくなる程度です。

Corsair HX 650 W 電源 ATX コネクター(脱着式) JP Version 保証 7年間 CMPSU-650HXJPCorsair HX 650 W 電源 ATX コネクター(脱着式) JP Version 保証 7年間 CMPSU-650HXJP

CORSAIR 2010-01-06
売り上げランキング : 13166

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

交換してまだ1週間ですが、今のところ安定して動作してます。
長持ちしてくれると嬉しいのですが(^_^)
つづく


COMMENT

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)