P183のフロントファン選びとHDDの冷却

フロントに120mmファンを装着できるようになったので、まずはファン選び。
HDDは中段の3.5インチベイに設置。

とりあえず、SOLOで背面ファンに使っていた Abee の NANO TEK FAN NT12-WP-BL を前面に使ってみたところ、HDDの温度は 室温+11℃ で SOLOのときと変化なし。風量は 92mm の AINEX CFY-90S より多いと思うんですが不思議です。

上部ファンを動かしたり、穴をふさいでみたりしましたが変化なし。
が、フロントドアを開けると温度が下がるので、やっぱり吸込み量が足りなさそうな感じ。

そこで、静圧重視の Gentle Typhoon の1150rpmのものを使ってみようかと思ったんですが、地元のショップで発見できず。800rpmと1450rpmのものはあったんですが…。
Coolink SWiF2-1200 も良さそうだったんですが、こちらも地元で発見できず。

で、発売したてで情報が少ないですが、↓こちらのファンを買ってみました。

Akasa APACHE BLACKの箱

Akasa APACHE BLACK (FN058-1000)
1000rpm、50CFM、13.7dBA、0.96W
スペック値につられて買ってみましたが、フィルター越しでも風量はそこそこあります。ただし、うるさくはないですが、排気側は風切り音がそれなりにします。どこまで許容できるかは人それぞれなので難しいところですが、個人的には吸気ファンとして使う分には我慢できるレベルです。
HDDの音に紛れてしまってるのもあるかと思いますが。

Akasa APACHE BLACK FN058-1000

P183への取り付けは、ファンブラケットにファンを取り付けて、フロントの金具にハメ込むだけなので簡単です。
P183のマニュアルには何も説明がないので、最初ぜんぜん分からず、フロントパネルを開けてフロントの金具ごしにネジ止めしてました…。ケース自体はすばらしいのにマニュアルがしょぼいなんて、何かすごく残念です。
ブラケットは柔らかそうなプラスチックで、雑に扱うとすぐに割れてしまいそうです。

で、HDDの温度はというと、室温+11℃で全く変わらず…orz

何か手はないかといろいろ調べてたところ、「基板側を冷やすべし」という情報を発見。どこで見たのかすでに覚えてませんが、中段ベイだとトレイ上にHDDを置くので基板側の隙間が狭くて風の通りは悪そうです。そこで、電源がある下段の3.5インチベイにHDDを移動してみました。

下段ベイにHDDを移動

結果、見事にHDDの温度が下がりました♪
室温+8℃ くらいで、前のHDDと同じレベルになりました(^_^;
それと、中段に設置していたときよりも少しだけ静かになった気がします。

とりあえず、今回ケースを換えた目的が達成できて良かった…(*´ー`)=3


COMMENT

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)