Panasonic SC-HTB10-K でテレビの音を改善

最近の薄型テレビは、画質は良くても、音が良くないと思う。
5年前だと薄型テレビでもサイドにスピーカーを配置したモデルもありましたが、今はほとんどがパネル下に配置されています。しかもサイズが小さい。先日買った SONY BRAVIA EX700 もパネル下にスピーカーが配置されていて、さらに下向きになってるんで、あんまり音が良くありません。聞こえないわけではないんですけど…。

前のテレビはサイドにスピーカーがあるタイプでかなり良い音だったので、なんとかしたいなーと思い、シアターラックを狙ってました。けど、高いんですよね…。外付けのホームシアターシステムとかも考えつつ、店頭をうろうろしてたところ↓こいつを発見しました。

Panasonic SC-HTB10-K

シアターバー。テレビの前の空いてるところに置けます。
1mと80cmの2種類発売されてますが、ラックの都合で小さい方を選択。
ただし、テレビや置き方によってはテレビの台座と干渉するんで、置けるかどうかは事前に確認した方が良いと思います。

Panasonic SC-HTB10-K

BRAVIA EX700ARC(オーディオリターンチャンネル)に対応してるんで、HDMIケーブル1本で接続可能です。ARCに対応してないテレビの場合は、光デジタルとHDMIケーブルで接続します。
電源はちゃんと連動してくれますが、画面が表示されてから音が出てくるまでにタイムラグがあって、ちょっと気になります。

音的にはぜんぜんすごくないんですが、
テレビのスピーカーよりは格段にイイ音だと思います。
声も聞き取りやすいです。

本格的なサラウンドではないので、映画をよく観る方であれば物足りないと思いますが。
あと、調整できる幅が狭いので好みの音かどうか店頭で視聴してみるのが良いと思います。
ちなみにテレビのリモコンで音量の調節もできますが、数値やバーでは表示されないのでどのくらいの音量なのか分かりにくいです。製品情報のページを見るとビエラだとバーが表示されるみたいですが。

↓Amazonで見る
パナソニック ホームシアターシステム シアターバー SC-HTB10-KSC-HTB10-K


COMMENT

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)