WordPressの履歴保存と自動保存を無効にする

WordPressで記事を書く際、編集画面を表示してるとどこかのタイミングで自動的に下書き保存されます。下書き保存されると投稿IDが割り振られてDBに登録されるわけですが、「やっぱやーめた」と書くのをやめた場合は、投稿一覧から意図的に削除してあげる必要があります。

また、保存されている記事を編集すると、編集履歴が保存されます。記事の見直しなど何度か編集を行うと、その分だけどんどん履歴がDBに保存されていきます。DBのパワーに余裕があれば問題ないのかもしれませんが、レンタルサーバーの場合はなんとなく不安があります。(使い始めたばかりなので実際のところ分かってませんが…)

ということで、これらの機能を無効化してしまいます。
以下のプラグインを入れてみました。

WP-CMS Post Control

プラグインを追加して有効化すると 設定メニューに Post Control Coreという項目が現れるので、この中の「Disable Autosave」と「Disable Revisions」にチェックを入れて設定を保存すれば、自動保存機能と履歴保存機能が無効になります。

ちなみに、履歴関係では以下のようなプラグインも発見しました。

  • Delete-Revision … 保存された履歴の削除
  • Revision Control … 履歴保存機能の有効化無効化などの設定

COMMENT

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)