WordPressのパーマリンク設定について考える

パーマリンクは「パーマネント=恒久的で変わらない」リンク(URI)のこと。
なので、ブログを立ち上げたばかりの今のうちにしっかり検討しておかなければっ!
ということで、どのようなパーマリンクにするのが良いか考えてみました。

パーマリンク設定画面

WordPressはパーマリンクを自由に設定することができます。逆に自由に設定できるために、何を設定すべきなのかかなり悩みました。1週間くらい?(^_^;

投稿IDベースのURIに設定

好みもありますが、あまり長いURIではなくシンプルにしたいのと、DBへの負荷が少ない方がいいかな、と思い、投稿IDベースのURIを設定しました。

/archives/e%post_id%.html

記事を追加した順番に連番が振られ、e1.html、e2.html… のようになる予定だったんですが、旧ブログの記事をインポートしてみたところ、e1.html、e4.html、e5.html… のように、インポートした記事の投稿IDが4番からになってました。2番と3番が現れずなんだか気持ち悪い状態に。ちなみに投稿ID=1番はWordPressが追加したサンプル記事です。

原因が分からずネットをウロウロしてたところ、投稿IDが記事IDではないことが分かりました。以下、参考にしたサイトです。

投稿ID≠記事ID

投稿IDをパーマリンクに設定するのがシンプルなんですが、ここで言う投稿ID記事IDではなく、画像のアップロードなどでも投稿IDがカウントアップされるため、記事のURIとして見たときに連番にならないことがあります。

また、ブログ引っ越し時など、エクスポートしてインポートし直した場合は、投稿IDが再付与されて URIが変わる可能性があります。実際に試してみたところ URIが変わってしまいました。

と言うことで、投稿IDをパーマリンクとして設定するのはよろしくないかもしれません。

投稿スラッグに記事IDを設定する

ということで、投稿IDの代わりにそれと独立した記事IDとして投稿スラッグを使うことにしました。投稿スラッグは記事ごとにユーザーが自由に設定できる変数でURIに含めることもできます。

引用元:Liner Note : WordPressで公開順に投稿IDを振っていく方法

と言うわけで、参考にさせていただき e1、e2、e3… のような文字列を投稿スラッグに設定することにしました。
パーマリンク設定は投稿年も入れて以下のようにしました。

/%year%/%postname%/

今は手作業でカウントアップしてスラッグを設定してますが、そのうち自動で設定されるようにしてみたいです。


COMMENTS & TRACKBACKS 3

  1. NIMITZ より:
    2010年7月19日 9:21 AM

    こんにちは。
    WordPressを設定するときに悩むのがパーマリンクですね。
    私は昔、カテゴリーを入れていたのです。
    そうしたらカテゴリーを変更するとURIまで変わるのでまずいことに。
    そこで活躍したのが「Permalink Redirect」というプラグインでした。
    これは旧URIで来た人も新URIに自動変更して表示してくれるものです。
    これには助けられました。(^o^)/
    現在は「/archives/%year%/%monthnum%/%day%/%post_id%.html」です。
    URIでいつの記事か分かるようにしたかったので。(^^;)ゞ
    post_idは記事の順番ではないところが厄介です。
    WordPressは記事を書いている最中に自動保存しますよね。
    それにもpost_idがつくのだとか。(-_-;)
    最初は気になりましたが、今はまっいっかぁ~状態です。(笑)

    • veefour より:
      2010年7月21日 12:04 AM

      ★NIMITZさんへ
      こんばんは。
      なるほど、パーマリンク設定を変更せざるを得なくなったときはプラグインでリダイレクトできるんですね。ちょっと安心感がありますね。
      URIに日付を入れると分かり易くなりますね。
      私の場合は記事を書くペースも遅いので年までにしましたが、毎日書く場合などは月日まで入れると分かり易そうです(^_^)

      あ、また後日記事にしたいと思っていたんですが、自動保存は止めてしまいました。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)