FC2ブログからWordPressへの引っ越し

ブログの引っ越しに先立ちいくつかのレンタルサーバーを検討しましたが、レンタルサーバーとしては定番で、安心感のある さくらのレンタルサーバー を利用させていただくことにしました。
WordPressを使うにはPHPとMySQL(DB)が必要なのでスタンダードを選択。
さくらのレンタルサーバーにはクイックインストール機能が用意されてるので、WordPressのインストールは非常に簡単でした。DBの追加も簡単。

まずはFC2ブログで記事をバックアップ

FC2ブログでは、全記事、年単位、月単位、カテゴリー単位などでバックアップできますが、とりあえずは月単位でバックアップした記事から少しだけWordPressにインポートして実験。FC2のログはMT互換の形式になってるので、MT形式でインポートしました。
インポートできた記事のリストが表示されていきますが、文字化け…。

エクスポートした記事データの文字コードを変換

FC2ブログでバックアップした記事データはEUCになってます。WordPressはUTF8でデータを扱うため文字化けした模様。
Windows上で文字コードを変換するためのアプリって何があるのか知りませんが、幸い私が使ってるエディタ gvim は文字コード変換もできるので、gvimで文字コードを変換して保存。文字化けはなくなりました。

不要なデータを削除

インポートすると基本的には問題なく読み込むことができます。
タグや画像までは持ってこれませんが、コメントもインポートできます。ただし、FC2専用のキーワード「SECRET:」と「PASS:」がコメント内に現れてしまうので、これらを削除しておく必要があります。私の場合はこれらもgvimで一括削除しました。
ちなみにコメントの「TITLE:」はインポートできません。

返信コメントの見直し

WordPressは忍者ブログのようにコメントの「返信」に対応してました!
せっかくなので、自分で書いた返信コメントは「返信」として扱いたいと思い、インポートしたデータを、今度はWordPress形式でエクスポート。エクスポートしたデータを編集して「返信」になるように加工しました。

:
<wp:comment>
<wp:comment_id>101</wp:comment_id>
返信元のコメント
</wp:comment>
<wp:comment>
<wp:comment_id>102</wp:comment_id>
返信コメントにしたいコメント
<wp:comment_parent>101</wp:comment_parent>
:

comment_parentに返信元のコメントIDを指定してあげれば返信コメントとして認識されるようです。
加工後再度インポートして、とりあえずはデータの取り込みまでを完了。

ブログの引っ越しは何度か経験してますが、やっぱりかなり大変な作業ですね。


COMMENT

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)