Ubuntu 10.04で音量が最大になってビックリする問題

GNOMEパネル上のボリュームコントローラーやサウンド設定画面で音量を設定したあと、再起動してログインし直すと設定した音量にならず、最大音量に戻ってしまいます。正確には、ボリュームコントローラーやサウンド設定画面、PulseAudio の設定は見た目上は前回終了時の音量が復元されてるみたいなんですが、実際の音量に反映されていません。
何も考えずに音楽を聴き始めると爆音になってて毎回ビックリします(゚ロ゚;)

PulseAudio はアプリとドライバーの間を受け持つ中間層のサウンドサーバーです。Windows Vista や Windows 7 と同じようにアプリ毎に音量を設定できます。GNOMEの少し前のバージョンで採用されていた ESD の後継みたいです。

pactl コマンドを利用すると PulseAudio の状態を確認できます。
サウンド設定画面ではVIAのチップ名しか見えてませんでしたが、pactl の結果を見ると SE-90PCI というカード名も認識されていました。

$ pactl list
~
Sink #1
        State: RUNNING
        Name: alsa_output.pci-0000_04_02.0.analog-stereo
        Description: VT1720/24 [Envy24PT/HT] PCI Multi-Channel Audio Controller Analog Stereo
        Driver: module-alsa-card.c
        Sample Specification: s32le 2ch 44100Hz
        Channel Map: front-left,front-right
        Owner Module: 5
        Mute: no
        Volume: 0:  40% 1:  40%
               0: -24.09 dB 1: -24.09 dB
               balance 0.00
        Base Volume: 100%
                     0.00 dB
        Monitor Source: alsa_output.pci-0000_04_02.0.analog-stereo.monitor
        Latency: 62046 usec, configured 90000 usec
        Flags: HARDWARE DECIBEL_VOLUME LATENCY
        Properties:
                alsa.resolution_bits = "24"
                device.api = "alsa"
                device.class = "sound"
                alsa.class = "generic"
                alsa.subclass = "generic-mix"
                alsa.name = "ICE1724"
                alsa.id = "ICE1724"
                alsa.subdevice = "0"
                alsa.subdevice_name = "subdevice #0"
                alsa.device = "0"
                alsa.card = "0"
                alsa.card_name = "ONKYO SE90PCI"
                alsa.long_card_name = "ONKYO SE90PCI at 0xcf00, irq 18"
                alsa.driver_name = "snd_ice1724"
~

で、先日からずっと Googleさんに聞いてみてはいるんですが解決策が見付からず。
根本的な解決は諦めました…。

以下、場当たり的な対応です(^_^;
少しでも音量を調整してあげれば、正しい音量になってくれるようなので、
ログイン時に強制的に音量を設定してみることにしました。
"システム"→"設定"→"自動起動するアプリ" を実行し、「追加」ボタンを押して以下のコマンドを登録します。名前と説明は適当に分かり易いものでOKです。

pactl set-sink-volume 1 26000

pactl の第2引数が対象とするデバイスです。
うちの環境では SE-90PCI が Sink #1 になっていたので「1」を指定。
第3引数がボリュームです。
65535で100%になります。だいたい40%位で「26000」を指定。

Ubuntu 10.04 の GNOMEでは自動起動するアプリの起動順を指定できないみたいですが、今のところ問題なく動作しています。ログイン時に爆音になることもなくなりました♪
ちなみに「自動起動するアプリ」の中に「PulseAudio Sound System」というのがあるんですが、これのチェックをはずしても勝手にPulseAudioは起動します。はて…?

追記:2014.02.05

コメントで解決策の情報をいただきました。
残念ながら手元に実験する環境がなくて確認できていませんが、検索して当ブログに来られたみなさま、コメントの方もご確認ください。


COMMENTS & TRACKBACKS 4

  1. やま より:
    2014年1月25日 8:07 PM

    はじめまして。症状で検索した際トップに表示されるため書きこませていただきます。
    /etc/pulse/daemon.confを~/.pluse下にコピーし、flat-volumes = noをセミコロンでコメントアウトすると解決できるようです。
    Ubuntu12.04で確認しました。
    参考: Bug #598308 “Volume at login set to Maximum” : Bugs : “pulseaudio” package : Ubuntu:

    • veefour より:
      2014年2月5日 12:25 AM

      ★やまさんへ
      はじめまして。情報ありがとうございます!
      残念ながら現在確認できる環境がないのですが、内容を見ますと、根本的な解決ができそうですね。
      本文の方にも追記させていただきました。

  2. 初心者001 より:
    2014年2月5日 6:14 PM

    こんにちは。

    Lubuntu 13.10 で同様のバグが発生したため、やまさんの方法を試してみましたが、効果がありませんでした。
    バージョンが違うとはいえ、同じ症状だから同じく解決できるだろうと思ったんですけど…。

    (Lubuntu 13.10 では ~/.pluse でなく ~/.config/pulse ?)
    ( /etc/pulse を直接編集しても上手く行かず)

    今はとりあえずveefourさんの方法でなんとかしてます。

    pulseaudioアンインストールすると、ちゃんと音量保存されるんですよね…。pulseaudioの中で何が起こってるんだろう…。

    • veefour より:
      2014年2月12日 1:20 AM

      ★初心者001さんへ
      コメントありがとうございます。
      解決できませんでしたか…。
      コメントをいただいて、私も週末に悪戦苦闘してLinux環境を作ってみたんですが、現在使っているUSB接続のSoundBlasterでは問題が発生せず再現できませんでした。
      使ってるカードによって動作が異なるようで厄介な問題ですね。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)