Ubuntu 10.04でCZ-900のホットキーを使う

Logicool Illuminated Keyboard CZ-900 のホットキーは Ubuntu 10.04 でも使えます。
ホットキーで、ボリュームのアップ/ダウン/ミュート、Rhythmboxの再生/一時停止/次の曲/前の曲、ブラウザの起動などが行えます。一部キーは動作しませんが、割り当てを変更してあげれば使えるようになります。

システムメニューから "設定"→"キーボード・ショートカット" を実行。
変更したい項目を選択して、割り当てたいキーを押すだけで変更できます。

ショートカットキーの設定

最近はホットキー用のシンボルも用意されてるんですね。昔はなかったような気が…。
ソフト側もちゃんと対応していて驚きました(^_^;

Windowsでは SetPoint で「FN」キーなしでもホットキーが使えるように設定しましたが、Ubuntuではホットキーの機能を直接ファンクションキーに割り当ててしまいました。
SetPoint で設定する場合はファンクションキーとホットキーの入れ替えになり、「FN」キーと同時に押すとファンクションキーを使うことができますが、Ubuntuで同じ事をする場合は、GNOMEのショートカットキー割り当てじゃなく、xmodmap などでキーコードと機能割り当ての入れ替えが必要と思います。


COMMENT

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)