AMDのドライバーをインストールしてみる

ATI/AMD プロプラエタリ FGLRX グラフィックスドライバ」をインストールすることで、Compizの視覚効果が有効になりましたが、なんとなくもっさり感があって描画が遅い気がします。耐えられないくらい遅いわけではないんですが…。

と言うわけで、AMDからリリースされている最新のLinuxドライバーをインストールしてみることに。
※こちらの記事を参考にしました → http://d.hatena.ne.jp/tagui99/20100307

まずは AMDのページ の「ドライバーのダウンロード」でOSと製品を選択して、Linux版の「ATI Catalyst Display Driver」をダウンロードしてきます。現時点の最新版は 10.4。64bit版のUbuntuなので64bit版を選択。
ダウンロードしたファイルは ati-driver-installer-10-4-x86.x86_64.run

このファイルから Ubuntu用のパッケージを作成することができます。

$ chmod +x ati-driver-installer-10-4-x86.x86_64.run
$ ./ati-driver-installer-10-4-x86.x86_64.run --listpkg
~
Ubuntu Packages:
    Ubuntu/gutsy
    Ubuntu/hardy
    Ubuntu/intrepid
    Ubuntu/jaunty
    Ubuntu/karmic
    Ubuntu/source
    Ubuntu/lucid

--listpkgオプションで対応しているディストリビューションの一覧が表示されるので、その中から Ubuntu 9.10 に相当するものを見つけます → Ubuntu/karmic
これを --buildpkgオプションに指定すると Ubuntu 9.10 用のdebファイルが作成されるはず…

$ sudo ./ati-driver-installer-10-4-x86.x86_64.run --buildpkg Ubuntu/karmic

ファイルが展開され、
途中で必要なパッケージがインストールされ、
ビルド処理がスタートしたんですが…

コンパイルエラーで停止(T_T)

何かパッケージが足りないのかと思い、試行錯誤してみたけどよく分からず断念。
が、試しに 10.3 のドライバーをダウンロードしてきたところ、さくっとビルドできてしまいました( ̄_ ̄;)

安全のため既存の「ATI/AMD プロプラエタリ FGLRX グラフィックスドライバ」を無効にしておきます。
いくつか debファイルができあがってるので、それらをインストールします。

$ dpkg -i *.deb

インストール後、再び「ATI/AMD プロプラエタリ FGLRX グラフィックスドライバ」を有効にし、再起動して完了です。
ドライバーのバージョンはちょこっとだけアップしましたが、体感的にはほとんど変わらずでした( ̄▽ ̄;

ちなみに、プロプラエタリのドライバーを有効にすると、Windows版のようなフル機能ではないですが、Catalyst Control Center が使えるようになります。また、aticonfigコマンドも使えるようになります。
例えばコアクロックやGPU温度を調べることができます。

$ aticonfig --odgc … コアクロック、メモリクロックを表示する
$ aticonfig --odgt … コアの温度を表示する

ただ、aticonfigを使う場合はあらかじめ --initial で xorg.conf を作成しなければいけないようです。xorg.conf の修正を誤ると起動しなくなって大変なことになるので注意が必要です。元のドライバーに戻すときは xorg.conf も元に戻す必要があるので、バックアップしておくと吉です。
で、私はコレではまりました…orz
試される場合は自己責任でお願いします。


COMMENT

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)