HDDを交換(WD3200AAKS)

ふと思うことがあってHDDを増量しました。
HGST HDT725032VLA360Seagate ST3250410ASと悩んで、買ったドライブは↓

Western Digital WD3200AAKS

160GBプラッタ×2の320GB、16MBキャッシュです。

ここ最近はずっとSeagate製品ばかり買ってましたが、久しぶりのWD製。初めて自作したとき(P2/266MHzだった)にWD製を買って以来です(^_^;
ST3160023AS(Barracuda 7200.7、80GBプラッタ×2)と交換。
このHDDと比べると発熱量が明らかに違います。手の感触ですがw
しかも静かで速い。
ただし静粛性でいうともう一台のSeagate ST3160812ASの方が静かです。
HGSTのツールで無音に近くなるらしいですが、ある程度音がした方が安心なので、今のところこのまま。

OSは速いディスクに、と思っているのでVistaを再インストール。
システムをST3160812ASからWD3200AAKSに変更したところ、エクスペリエンスインデックスは5.6→5.7に。ちなみにCPUが4.9→4.8に、3Dゲームが4.3→4.0になりました。
後者はドライバーの違いかもしれませんが、前者のCPUが遅くなった理由が分からない。

交換前に比べるとWindows Vistaの起動が速いです。30秒くらい。 ただしウィルス対策ソフトは未インストール。起動が遅くなる原因ってもしかしてコレでしょうか…。


COMMENT

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)